ミチカホールのミニライブ

 

 

 

 

落ち葉料理🍂のお話会にて

 

 

 

さてもさても、宮崎にきています。

 

加瀬充子さんに落ち葉料理のお話を伺う会

 

が終わってほっとするのも束の間、

 

中1日空けての旅立ちです。

 

 

静岡川から、翼の向こうの富士山

 

 

快晴の空、飛行機✈️からは、富士山が

 

みえました。

 

 

旅行記は、また改めて書くとして、

 

 

今日のブログはミチカホールのミニライブです。

 

サロンドミチカホールのお話会では、

 

いつも、会の最後に演奏タイムを

 

設けているのです。

 

 

いつものように、ソウルサウンドライアー、

 

チャイムバー、水カンリンバの響きで、

 

まったりして頂きました。

 

 

そして、、、この日は、ハンドパンと

 

ピアノの響きも体験して頂いたのです。

 

そういえば、

 

ハンドパンも調律が432hzなので、

 

 

ライアーと同じくピアノと一緒に演奏

 

できるということに気がつきました。

 

冒頭の写真は、演奏前のMC中のものです。

 

そして歌とピアノのコーナーでは、

 

加瀬さんのお話会のテーマにそって

 

「落ち葉」「日本酒」「秋」をテーマに

 

選曲しました。

 

まずは、オリジナルのピアノソロ曲

 

「サンライズ」そして、

 

シャンソンのスタンダードから「枯葉」

 

続いて、カホ姉さんとの歌とピアノで

 

沖縄民謡「童神」です。

 

さらに八代亜紀さんの「舟歌」です。

 

この落ち葉の会🍂の企画が立ち上がった

 

ときから、歌うと決めていた曲です。

 

日本酒にもぴったりです🍶

 

そして、さいごに、ふたたび

 

ピアノソロのオリジナル曲「サンセット」です。

 

サンセットは、去年11月、

 

コロナまえに開催した

 

ミチカホールコンサートで、

 

弦楽五重奏のオリジナル曲として

 

初演したもの。

 

サンライズと同じ時に浮かんだ曲として、

 

はじめと最後に演奏するのも良いな、

 

 

と思い演奏しました。

 

まだまだコロナの影響で、客入れ有りの、

 

リアルなライブ会場でのコンサート開催は

 

難しいので、

 

しばらくは、サロンドミチカホールが

 

活動の拠点となりそうです。

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

いつもお読み頂きまして、

 

どうもありがとうございます🤗

 

 

 

 

Leave a Reply