熊野の清水へお水とりの旅-粟又の滝と野生のリスとニホンザル

10月 24th, 2021 by mimi

 

 

 

 

 

粟又の滝

 

 

 

旅行記も最終日です。

 

 

東京へ戻る前に訪れたのは、全長100m、房総一を誇る

 

 

大きな滝です。

 

 

滝壺から下流に滝をめぐる遊歩道があり、紅葉や新緑の

 

 

季節は美しいさが一際です。

 

 

 

遊歩道

 

 

 

駐車場に車を止めて、坂を下ります。

 

 

滝壺入り口の看板からまたさらに坂道を下ります。

 

 

最後に駄目押しの急な階段を降りると、川辺に出ます。

 

 

 

石畳を渡った先に滝があります。

 

 

 

急な下りが続く道中

 

 

「この下り坂を帰りは登るということは、

 

 

行きはよいよい、帰りは坂道で大変だね〜。」

 

 

「普段から足腰を鍛えなくちゃね〜。」

 

 

などと言いつつ、滝に到着しました。

 

 

 

 

滝壺全景

 

 

 

さすが房総一の大きな滝、スケールが違います。

 

 

 

 

 

近くまで寄りました。

 

 

ざぶ〜ん、ざぶ〜んと豊かな水が流れています。

 

 

 

穏やかな水面

 

 

 

 

 

 

滝をバックに記念撮影・笑

 

 

 

 

 

 

後ろ髪引かれつつ滝をあとにします

 

 

 

登りの遊歩道

 

 

 

落ち葉に彩られて美しい路ですが、途中で休憩しながら

 

 

えっちらおっちら登ります。

 

 

さらに駐車場まで登りきり、楽しい1泊2日の旅程を

 

 

終えて、これから東京へ向かおうとしたその時、

 

 

何かが変なのです。

 

 

有料の駐車場に入る道と出る道が違っていたのですが、

 

 

ナビが示す方向へ車を走らせました。

 

 

なぜ以下どんどんと自然豊かになってゆきます。

 

 

人里離れた静かな道が続きます。

 

 

「あっ!」「勝浦!」(道路標識に勝浦の文字)

 

 

千葉に土地勘のある直子さんが助手席から叫びました。

 

 

「ミチルさん。反対方向に行ってるよ〜。」

 

 

スマホのグーグルマップで調べると確かにアクアラインが

 

 

ある木更津とは反対方向へ向かっています。

 

 

どうしたのかなぁ、ミチカホール号のナビさん。

 

 

引き返すことも考えましたが、到着時間はそんなに

 

 

変わらないので、そのまま進むことにしました。

 

 

遠回りしたことになりますが、房総中央部の里山ドライブ

 

 

をしたと思えば、むしろ儲けものです。

 

 

途中、野生のリスに出会いました。

 

 

「きゃーっ。かわいい!」

 

 

などと行っていると、今度は、目の前をニホンザルの

 

 

親子が横切るではありませんか。

 

 

初めての体験です。

 

 

どうか交通事故には合わないでね、 、 。

 

 

こうして大自然の道を行き、午後3時前には

 

 

アクアラインに乗ルことができたのです。

 

 

直子さん曰く、午後3時をすぎるとゴルフ帰りの人や何かで、

 

 

渋滞することが多いのだそうです。

 

 

東京側に橋を渡ったとき、図らずも、またもや

 

 

中央道を通って帰るところを入りそびれてしまいました。

 

 

お台場経由、レインボーブリッジを通ることになったのです。

 

 

房総の里山から渓谷、そして羽田空港や、お台場の

 

 

近未来のサイバーシティ、タイムスリップしたような

 

 

旅となりました。

 

 

 

アクアラインからの風景

 

 

お水とりの場所、宿、すべて調べて手配してくださった直子さん💖

 

 

私1人だったら道中不安で とてもじゃないけどできない旅でした。

 

 

ご一緒できて嬉しかったです。

 

 

どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

それでは今日は、この辺で。

 

 

いつもお読みいただきまして、

 

 

どうもありがとうございます。