香川の旅日記-その6-大歩危小歩危とかずら橋

5月 31st, 2020 by mimi

 

 

 

 

 

かずら橋

 

 

 

さて、香川〜高知の旅日記も、今日のブログで

 

 

一旦終わりです。

 

 

3泊4日の旅、土佐龍温泉三陽荘を後にして、

 

 

午後の飛行機の便まで時間があります。

 

 

カホ姉さんが、かずら橋が見たい、というので、

 

 

かずら橋へ行くことにしました。

 

 

目的地をカーナビに入れて、レッツラゴー🚙

 

 

高速道路で向かいます。

 

 

1時間20分ほどで着きました。

 

 

剣山にも近い山の中

 

 

緑でいっぱい

 

 

祖谷のかずら橋

 

 

大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)は、2億年

 

 

の時を経て、四国山地を横切る吉野川の激流により

 

 

造られた、約8kmにわたる吉野川の中流域に

 

 

位置する渓谷です

 

 

かずら橋は、JR四国土讃線大歩危駅から

 

 

バスで20分のところにあります。

 

 

 

 

 

 

 

コロナの影響で、橋を渡ることはできなかったので、

 

 

付近を散策しました。

 

 

橋の横の小径

 

 

壇ノ浦(屋島)の戦いで敗れた平家にゆかりのある琵琶の滝

 

 

琵琶の滝

 

 

琵琶の滝の由来

 

 

渓谷に降りられるようになっていました。

 

 

上から見た渓谷

 

 

渓谷への降り口から

 

 

渓谷からのかずら橋

 

 

美しい石

 

 

石でくつろぐカホ姉さん

 

 

こうして、四国の大自然を満喫した後は、

 

 

高知空港へ急ぎました。

 

 

大歩危小歩危といえば、香川から高知へ入る時、

 

 

JRで通ったところです。

 

 

車窓から見るよりもダイレクトに味わえました。

 

 

ちなみに、高知を通り越して、この一帯は徳島県

 

 

でした・笑

 

 

遊覧船や、川下りなども楽しめます。

 

 

近くには、剣山への登山口もあり、

 

 

いつか登って見たいと思った次第です。

 

 

高知空港、展望デッキにて

 

 

空港ロビーにて

 

 

 

それでは今日は、この辺で。

 

 

いつもお読みいただきまして、

 

 

どうもありがとうございました。