Archive for the ‘アートな日記’ Category

タオ・ライアーとピアノの響き

水曜日, 10月 17th, 2018

 

 

 

 

 

 

レコーディング風景、Future SEVENにて

 

 

 

 

ミチカホールのレコ発ライブも10日後、

 

 

ということで、イベントページを作って

 

 

お友達を招待し、告知させていただきました。

 

 

その英語ページも作って、これからFaceBookに

 

 

アップロードしようと思います。

 

 

午前中、出かけていて、

 

 

スーパーの自転車置き場の前を

 

 

通ったら、カラスが荷物入れのカゴから、

 

 

スーパーの袋を引っ張り出して、

 

 

中のものを、地面に飛び散らかせて

 

 

いました。

 

 

とても大きな黒光りのするカラスです。

 

 

通りすがり

 

 

「カァーーー、カァーーー。」

 

 

と鳴いているのが

 

 

「アホーーー、アホーーー。」

 

 

と聴こえてくるから不思議です。

 

 

カラスは、頭が良い鳥とされていますが、

 

 

人間の愚行を俯瞰で見ていて、

 

 

全ては、見透かされているのでは、

 

 

とさえ思ってしまいます。

 

 

 

そして、夕方には、

 

 

 

カホ姉さんと、伴奏合わせをしました。

 

 

「幾億の想い」のイントロを、

 

 

ライアーとピアノで演奏しようか、

 

 

ということを、演奏しながら相談しました。

 

 

会場のフューチャー・セブンのピアノは、

 

 

A = 432hzに調律してあります。

 

 

ソウル・サウンド・ライアーもA = 432hz

 

 

の楽器なので、一緒に演奏できるのです。

 

 

 

ただ、

 

 

カホ姉さんが歌うKey(調)は、「Cm」で、

 

 

フラットが3個つきます。

 

 

そうすると、

 

 

そのうち「シ」と「ミ」は、ライアーの方が、

 

 

ナチュラルなので、

 

 

ピアノとは演奏できません。

 

 

というわけで、イントロのところのみ、

 

 

ライアーの「レ、ミ、ラ、シ」の音階に

 

 

合わせる形で、ピアノが音を選んで演奏して、

 

 

歌が始まったら、

 

 

ライアーなしで演奏するということにしました。

 

 

第一部は、ソウル・サウンド・ライアーと

 

 

ハンドパン、などの演奏、

 

 

第二部は、オリジナル曲の歌とピアノの演奏です。

 

 

第一部では、タオ・ライアーとピアノの演奏も

 

 

しますので、他では聴けない、

 

 

この2つの楽器の組み合わせの響きも

 

 

 

 楽しんで下さったら幸いです。

 

 

 

「ミチカホール」レコ発ライブ

https://www.facebook.com/events/710849849280604/

 

 

 

 

それでは今日は、この辺で。

 

 

いつもお読みいただきまして、

 

 

どうもありがとうございます。