カバラ数秘の生命の木と音の関係について

5月 18th, 2019 by mimi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代数秘学の復習をしています。

 

 

きのうのブログに、

 

 

カバラ数秘学の「生命の木」には、それぞれ

 

 

対応する「音」があると書きました。

 

 

それを図にしてみましたら

 

 

面白いことがわかりました。

 

 

 

 

生命の木、セフィロト&天体&音

 

 

 

図は、象徴する天体と音を示したものです。

 

 

1/ケテル(王冠)→ ♪ド♪

 

 

2/ホクマー(智慧)→ ♪レ♪

 

 

3/ビナー(理解)→ ♪ミ♪

 

 

4/ケセド(慈悲)→ ♪ファ♪

 

 

5/ゲブラー(峻厳)→ ♪ソ♪

 

 

6/ティファレト(美)→ ♪休符♪

 

 

7/ネツァク(勝利)→ ♪ラ♪

 

 

8/ホド(栄光)→♪シ♪

 

 

9/イエソド→ ♪休符♪

 

 

10/マルクト(王国)→ ♪ド♪

 

 

「3」「5」「8」の左の縦の列は、

 

 

男性性の数字と言われています。

 

 

対して「2」「4」「7」の右の縦の列は、

 

 

女性性の数字と言われています。

 

 

真ん中の「1」「6」「9」「10」は

 

 

どちらでもない中庸です。

 

 

右列の音を同時に鳴らすと「レ、ファ、ラ」(Dm)

 

 

の和音ができます。

 

 

左列の音を同時に鳴らすと「ミ、ソ、シ」(Em)

 

 

の和音ができます。

 

 

どちらもマイナー和音ですが、中庸の

 

 

ケテル「1」とマルクト「10」の「ド」の音

 

 

をプラスすると、

 

 

右列は「レ、ファ、ラ、ド」(Dm7)、

 

 

左列は「ド、ミ、ソ、シ」(CM7)と

 

 

なるのです。

 

 

左はメジャーコードで太陽(男性性)のイメージ、

 

 

右はマイナーコードで月(女性性)のイメージ、

 

 

ですが、どちらの和音も、

 

 

中庸の音が入って四和音になることにより、

 

 

三和音と違って、

 

 

メジャーでもマイナーでもない、モード的な

 

 

響きがするのです。

 

 

さらに興味深く感じたのが、

 

 

ティファレト「6」とイエソド「9」の

 

 

休符です。

 

 

この2つが休符であることによって、

 

 

7つの音階が、生命の木のそれぞれに

 

 

当てはまっているのです。

 

 

「月」と「太陽」が休符で、「地球」は(ド)の音。

 

 

とっても面白いです。

 

 

 

コアナンバーを音で鳴らしてみたら、

 

 

いろいろ楽しいだろうなぁ、と思いました(^^

 

 

 

それでは今日は、この辺で。

 

 

いつもお読みいただきまして、

 

 

どうもありがとうございます。