レインドロップと音叉の組み合わせは究極の癒しです

5月 4th, 2021 by mimi

 

 

 

 

サロンドミチカホール

 

 

 

きのうは、サロンドミチカホールにて、

 

 

レインドロップ&音叉のセッションを受けました。

 

 

友人がアロマセラピーと音叉を組み合わせたセッション

 

 

を学んでいて、そのクライアント役のモニターを

 

 

させていただきました。

 

 

2月に初めてレインドロップを体験しましたが、

 

 

その気持ちの良いことといったら、究極の癒し

 

 

といっても過言ではありません。

 

 

 

チャクラに対応した音叉と精油

 

 

 

前回のセッションでは、チャクラに対応した音叉と

 

 

アロマのレインドロップでした。

 

 

今回は、ソルフェジオ音階の音叉を使った施術です。

 

 

 

きのうの施術のセット

 

 

 

手前の音叉は、愛の周波数と言われる「528hz」の

 

 

「ド」の音に近い音叉です。

 

 

セッションの初めに、横のなった状態で目を閉じて、

 

 

この音叉の音を聴くだけで、すでにもう心地よい波動に

 

 

包まれます。

 

 

そして、 、 、 、まずは足からです。

 

 

アロマの良い香りに包まれながらのセッションは、

 

 

それだけでリラックスできます。

 

 

足の裏の中心に波動が入り、続いて同じく音叉で、

 

 

足の内側に波動が入ります。

 

 

くるぶしの内側から親指の先まで、音叉の振動が

 

 

じんわりと心地良く、もうすでに夢見心地の境地。

 

 

そして、

 

 

うつ伏せになってレインドロップが始まります。

 

 

アロマを贅沢に背骨にふりかけて、尾てい骨と背骨、

 

 

同時に振動を入れてくださいました。

 

 

なんと言いましょうか、今までに体験したことのない

 

 

感覚に襲われます。

 

 

遥か昔、私がヒトになる前の太古の記憶が開いた

 

 

ような、アフリカの野生動物が見ているような

 

 

ビジョンが脳裏に現れます。

 

 

瞑想中に感じる映像に似ていますが、少し違います。

 

 

様々な画像が、走馬灯のように次々と入れ替わり

 

 

映写機のように表示されます。

 

 

色々な時代を生きた時の記憶が高速で映し出されて

 

 

いるような感覚です。

 

 

私は、ヒトである前に動物でもあるんだなぁ、

 

 

身体中の細胞が、そのことを体験して私の顕在意識に

 

 

教えてくれているようです。

 

 

さらに、

 

 

チャクラが刺激されて、活性化され、整ったように

 

 

感じました。

 

 

体の不調も特になく、いたって健康と自覚して

 

 

生きていますが、こうして心地よいセッションを

 

 

受けると、心身のバランスを整えてもらった感を、

 

 

半端なく感じます。

 

 

肩と首がスッキリして、軽くなりました。

 

 

閉じていた宇宙からのメッセージを受け取る場所を、

 

 

そっと開いてくださったようにも感じます。

 

 

オプションで、学んだばかりのファイシャルの背術も

 

 

してくださって、たっぷり90分、精油の香りと

 

 

音叉の響きと振動で、極楽浄土の体験です。

 

 

直子さんのハンドパワーがさらに進化したように感じた

 

 

憲法記念日です。

 

 

 

「すぐにでもサロンワークを始めて、癒しの必要な人

 

 

のお役に立ってください。」

 

 

思わず、そうお伝えしました。

 

 

 

 

それでは今日は、この辺で。

 

 

いつもお読みいただきまして、

 

 

どうもありがとうございます。