ダイアモンド富士の御来光

8月 20th, 2018 by mimi

 

 

 

 

富士山の御来光

 

 

 

富士山リトリート2日めのきのうは、

 

 

朝5時に起きて、

 

 

日の出が見える、絶景ポイントに

 

 

出かけました。

 

 

車で10分くらいのところ、

 

 

静養園と同じオーナーさんが所有する、

 

 

「日月俱楽部」というところです。

 

 

冒頭の写真のように、真正面に

 

 

富士山の日の出が見える、

 

 

素晴らしいところです。

 

 

 

日の出まえの富士山

 

 

 

光の加減で、富士山のオーラが見える

 

 

 

オーラのような影

 

 

 

御来光の数分間、時間が経つにつれて

 

 

富士山の上に、

 

 

オーラのように見えていた影の面積が

 

 

だんだん少なくなってきました。

 

 

前日の「ミチカホール」ミニ演奏会の後、

 

 

星空の下で、星の観察をしながら、

 

 

手をかざしている時、

 

 

自分の手の、

 

 

オーラのようなものが見える、

 

 

という体験をしたので、この影のような

 

 

ものは富士山のオーラかなぁ、と

 

 

思いました。

 

 

そして、

 

 

いよいよ、

 

 

その時がきました!

 

 

 

御来光の瞬間

 

 

 

オーラのような影はまだあります

 

 

 

ダイヤモンド富士

 

 

 

太陽がほぼ、姿を現しました

 

 

 

美しさに引き込まれ中

 

 

 

時間の経つのも忘れて、 、 、

 

 

 

光が六芒星?

 

 

 

完全に太陽が出ました

 

 

 

晴天ですっ

 

 

 

面白い雲(^^

 

 

 

この場所は、

 

 

能舞台のような作りになっていて、

 

 

時々野外コンサートなども

 

 

行われているそうです。

 

 

 

小さなステージ

 

 

そこで、いつもの妄想が、 、 、 。

 

 

こんな素敵なところで

 

 

いつかライアーを演奏してみたいなぁ、 、 、 。

 

 

というわけで、

 

 

富士山リトリート2日目は、

 

 

この世のものとは思えない美しい、

 

 

まるで天体ショー(ある意味、天体ショー)

 

 

のような

 

 

富士山のご来光体験から

 

 

始まりました。

 

 

富士山の写真を専門に撮影する

 

 

カメラマンさんや、

 

 

富士山の絵ばかりを描き続ける

 

 

アーティストさんがいらっしゃいます。

 

 

飽きないのかなぁ、なんて思うことも

 

 

ありましたが、きのう

 

 

富士山の魅力を目の当たりにして、

 

 

「深〜く」 納得しました。

 

 

霊峰富士のご来光は、

 

 

言葉にできない体験で、

 

 

その姿を見るだけで、

 

 

自然に対する感謝の気持ちが

 

 

生まれてきたのです。

 

 

 

それでは今日は、この辺で。

 

 

いつもお読みいただきまして、

 

 

どうもありがとうございます。